« Pepparkakor/ スウェーデンのスパイスクッキー | トップページ | Lussekatter/ ルッセカッテル »

2010年7月 5日 (月)

Risgrynsgröt/ お米のシナモンミルク煮

お米をシナモンと共にミルクやバターで煮たデザート。スウェーデンではオーツ麦などの穀類を煮た食べものをgröt(グロート)と呼びます。このrisgrynsgrötはお米のgröt(グロート)です。

その昔、スウェーデンでお米は貿易によって外国から持ち込まれた高価な食材だった為、クリスマスなど特別な時にだけ食べられる贅沢な食べものでした。現在でもrisgrynsgrötはクリスマス時期によく食べられます。そして別名「トムテのグロート(tomtegröt)」とも呼ばれていて、(トムテはスウェーデンで古くから言い伝えられている、見かけは小人の農園・農場の守り主。)クリスマス・イブの日にトムテのご機嫌をとる為にrisgrynsgrötを一皿おすそわけする習慣があります。そんな素敵なストーリーを持つデザート。

お米をミルクで煮るなんて!と最初は抵抗があったのですが、食べ応えがあるけれどもふわふわとした食感で甘くて、一口食べた時から私の大好きなデザートのひとつになりました。Havregrynsgröt(オーツ麦のグロート)にミルクや甘いジャムをかけて食べる感覚と同じです。食べる時にお好みでシナモンパウダーやお砂糖、ベリー類の果汁から作られたソース(saftsås)などをかけて温かいものを頂きます。

グロートをコトコトと炊いているときのシナモンとバターの溶け合った香りはどこか魔法がかった香りで、おとぎ話の中に迷い込んだような気持ちにさせてくれます。


材料 (4人分/ 炊きあがりは約1Lとなる):

米 1 1/2dl
塩 小さじ 1/2
バター 大さじ 1/2
水 3dl
牛乳 6-7dl
シナモンスティック 1本

いただく際に:
シナモンパウダー
砂糖
牛乳


作り方:

1. 米、塩、バター、水を大きめの鍋に入れて火にかけ、沸騰したら極弱火にしてふたをして10分程炊く

2. 牛乳の半量を入れてよく混ぜ、沸騰したら残りの牛乳を入れてよく混ぜてシナモンスティックを入れ、沸騰したら極弱火にし、ふたをして30分程炊く (この30分間は絶対に混ぜないこと)

3. 炊きあがったら火を止めてふたをしたまま30分程休ませる

4. 器によそい、シナモンパウダー、砂糖、牛乳をかけていただきます


メモ:

  • グロートを炊く時は焦がさないように注意。時々ふたを開けて確認しましょう。吹きこぼれそうなら、ふたを少し開けて炊いて下さい。炊きあがりは水気がちょうど無くなった頃です。

  • 温めなおす場合は、牛乳を少し入れて火にかけると良いです。


--------------------------------------------------------------------------------
Copyright (C) 2012 スウェーデンの美味しいたべもの All Rights Reserved.






|

« Pepparkakor/ スウェーデンのスパイスクッキー | トップページ | Lussekatter/ ルッセカッテル »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事